Home > デビュー作品 > 浅野えみのデビュー作品のエピソード

浅野えみのデビュー作品のエピソード

ドキュメンタリー風になっている作品ですが、中には新卒の大学生を対象にした会社説明会のVTRを撮影する映像や盗撮シーンも公開されています。

浅野えみは宣伝部所属ですからリリース寸前に作品を紹介するサンプルの雑誌が届いて自分が出演することに気がつきます。

あまりにもショックを受けて会社を休んでしまうのです。

直属の上司が自宅を訪問して謝罪され、また会社に復帰します。

中にはアダルトビデオの撮影現場を浅野えみが見学するシーンがあります。

あまりのシーンに驚いた顔がマジでリアル過ぎるとファンの間では話題になります。

まあ当然ですが普通の女の子が生で他人のSEXシーンを見るのですから驚くでしょう。

大抵はプライベートのSEXは薄暗い中でするでしょうから……。

撮影スタジオはライトも明るいし大勢のスタッフがいるし音声もしっかりと録音しなければならないのです。

そんな場面を間近で見学したのですから凄い衝撃を受けたと思います。

彼女のSEXシーンはあっという間に終わったという感想を話していました。

気持ちが良かったとか——そんなことも分からずに放心状態だったそうです。

そしてスタッフから「後片付けをしましょう」と言われて、ふとSODの社員の顔に戻るのです。

男優さんとカメラマンと浅野えみの3人でテキパキと後片付けをしたというエピソードがあったようです。

Comments are closed.

TOP